制度と人材育成

研修・自己研鑽

JEISの最大の財産は、「人材」です。
その人材を育てるために、当社では社内研修機関としてJEIS・ICT研修センターを設置しています。
入社後3カ月間の新入社員研修の後も、定期的に実施される年次別研修、社員が任意で選択できる技術研修や通信教育、eラーニングなどを受講することができ、社員の「人」として、「SE」としての成長を会社が全面的にバックアップしています。
意欲があれば、いくらでもICTやビジネススキル、マネジメントスキルを高められる環境を整えています。

新入社員研修

入社直後の3カ月間は、JEIS・ICT研修センターにて新入社員研修を実施します。
新入社員は、この研修期間中にICTの基礎知識はもちろんのこと、社会人としての基礎についてもしっかり教育を受け、その後各箇所へと配属されます。

ICT基礎

ICT基礎の習得を初期の目標とし、レベル別のクラスに分かれて技術研修を行います。
大学での専攻を問わず、意欲次第で大きく伸びることができます。

研修例

ネットワーク基礎
データベース基礎
ハードウェア基礎
プログラミング基礎

Webアプリ構築
システム基盤構築
システム開発実習

 
 
JR東日本の業務

お客さまであるJR東日本の鉄道業務を学び、実体験を通じて「安全・安心」を支えるシステムの重要性を理解するとともに、当社のSEとして必須になる業務知識の基礎を習得します。

研修例

JR東日本およびグループの基礎知識
鉄道事故の歴史展示館見学
鉄道安全体験

 
 
ビジネスマナー

学生から社会人へステップアップするために、社会人としての基本的なビジネスマナーを身に付けます。

研修例

ビジネスマナー基礎
文書技能
新社会人研修

健康・メンタルヘルス講義
野外集団活動研修

 
 

年次別研修

配属後も、入社年次に応じた研修を定期的に実施しています。ICTのコースだけでなく、ヒューマンスキルやビジネススキルを磨くコース、プロジェクトマネジメントスキルや社内規程を学ぶコースなど、当社のSEとして身に付けてほしいスキルをバランスよく学べるよう、様々な研修を設けています。

技術研修

年次別研修よりさらに高度なICTや、実務で使用する製品知識などに関する研修を必要に応じて受講できます。

通信教育・eラーニング

ICTを学ぶコースだけでなく、ビジネススキルやマネジメントスキル、鉄道の業務知識や英会話のコースなどもあり、社員の自己研鑽を幅広くサポートしています。通信教育は約130コース、eラーニングは約490コースが用意されており、社員のスケジュールに合わせて自由に受講できます。なお、期間内に受講を修了すると、会社が費用を全額負担します。

海外研修

JR東日本グループの海外事業展開にシステム面で貢献するため、グローバルな視点を持つ社員の育成を目的に海外でのプログラム製造実習を行っています。実習生は、ものづくりの厳しさを体感するとともに、現地の方と交流することでグローバル感覚を体得しています。

 
 
採用サイトトップ ページトップ