制度と人材育成

福利厚生

充実した福利厚生や制度を整え、社員が安心して活き活きと働けるよう会社がしっかりとサポートしています。
余暇でのリフレッシュはもちろんのこと、社員の自己研鑽に対しても会社が全面的にバックアップしています。

よく活用される主な制度

社員の生活を支える基本的な制度の中で、特に充実している制度をピックアップしました。
なお、その他の基本的な制度については、「募集要項」をご覧ください。
募集要項をみる

年次有給休暇

JEISでは、入社年度から毎年20日間の年次有給休暇を付与しています。これは、労働基準法で定められた付与日数を上回る、独自の制度です。年休は最大40日保有することができます。

在宅勤務制度

週に一日、自宅で仕事をすることができる在宅勤務制度があります。社員全員にモバイルPCが配布されているので、柔軟な勤務を行うことができます。

住宅援助金

賃貸住宅に居住している社員に対して、月7万円を上限として、家賃の約7割を会社が援助します。

資格取得支援制度

社員の自己研鑽をサポートするため、資格取得に関する支援制度を充実させています。
なお、資格取得を目指す上での研修や通信教育などの制度については、「研修・自己研鑽」をご覧ください。
研修・自己研鑽をみる

合格奨励金制度

自己研鑽の促進として、会社が指定する資格を取得した社員には合格奨励金を支給しています。
国家資格やベンダー認定資格など、主に情報処理の資格が対象となります。

受験料援助制度

会社が指定する資格の試験受験料を全額援助します。主に国家資格や公的資格が対象となります。

 

育児に関する制度

「100%」―これは、JEISにおいて育児休職を取得した社員のうち、仕事に復帰する社員の割合です(2012〜2017年度実績)。
育児に関する制度の充実や、制度の利用率が高いことを物語る数字です。また、仕事と育児の両立に対する周囲の理解は、JEISではあたりまえのこと。仕事も家庭も充実させたいという社員を応援しています。
もちろん、男性社員もこれらの制度を利用しています。
ここでは、特によく利用されている制度を紹介していますが、他にも様々な制度を用意しています。

育児休職

子が3歳に達する前日まで取得できます。(法律上は2歳まで)
●育児休職利用者数 53名 ※うち男性社員4名(2017年度実績)

育児休業援助金

育児休職期間中は、「育児休業基本給付金」として雇用保険から賃金の50%が支給されます。
JEISではさらに、「育児休業援助金」として+15%を支給しています。
育児休業基本給付金とあわせると、育児休職中は賃金の65%の給付が保証されます。

育児支援金

出産休暇または育児休職を取得後に復職した社員に対して、子が小学校に入学するまで子1人につき月額5,000円を支給しています。

プライベートの充実を支える各種補助制度

社員の充実したプライベートを支えるため、各種補助制度を用意しています。
利用できるシーンが多く、多種多様なメニューがあるのも魅力です。

カフェテリアプラン

保育費や旅行費、自己啓発など、全18種類あるメニューの中から、社員の利用目的に応じたメニューを選び、補助を受けられる制度です。

メニュー

育児関連(保育費補助、ベビーシッター補助、育児休職補助、学童保育費補助)
介護関連(介護費補助、介護休職補助)
生活支援(新幹線通勤補助、住宅補助)
医療支援(検診費補助、高額歯科治療費補助、補助機器等購入費補助)
会社契約施設(施設利用補助)
その他施設(旅行費補助、文化施設利用費補助、スポーツ費補助)
自己啓発(各種スクール費補助、書籍購入補助、資格試験料補助)

JR東日本Gカフェテリア倶楽部

グルメ、旅行、育児、介護、レジャー、スポーツ、自己啓発など多くの場面で割引価格が適用される、JR東日本グループの福利厚生メニューです。

 
契約福利厚生施設

フィットネスクラブ、スキー場、スポーツ施設やリゾートホテルなど、JR東日本グループおよび会社契約の施設を割引利用できます。

 

クラブ活動

社員同士の交流の場として、社内のクラブ活動が盛んです。
現在12のクラブがあり、クラブ活動を促進するため、ユニフォーム制作や大会出場などに伴う費用を会社が補助しています。クラブによってはJRグループや他社社員との交流などもあり、仕事以外でも多くの人と関わりを持ちながら充実したプライベートを過ごすことができます。
他社では少しめずらしい、JEISの特徴のひとつでもあります。

マラソンクラブ

仕事終わりの皇居ランや、土日に旅行を兼ねた遠出をしてロング走をしています。

ハイキング部

低い山から厳しい山まで、年に数回いろいろな山に登っています。帰りには温泉も楽しめます。

野球部

「野球を楽しむ!」がモットーの野球部です。様々な大会に参加しています。

 

水泳クラブ

大会では25M種目もありますので、初心者の方も気軽に参加できます。

写真クラブ

毎月1回定例会を開催し、社内への作品展示や撮影会の企画などを行っています。

サッカー部

JR大会や社会人リーグ、国内外の他企業との交流戦などに出場しています。

 

将棋部

将棋は老若男女、世代関係なく対等に戦える素晴らしいコミュニケーションツールです。

ラグビー部

初心者歓迎!部員の半数以上が、社会人からラグビーを始めた初心者です。

テニス部

練習会は毎月1回あり、部内試合を年に2回開催します。ぜひ一緒に汗を流しましょう!

 

バスケットボール部

月2回の練習や合宿、JR東日本大会など、和気あいあいと楽しくバスケをしています。

馬術部

小淵沢で月1回練習会をしています。乗馬は老若男女問わず楽しめます。

ゴルフ部

初心者大歓迎。社会人になったら是非ゴルフを始めてみてはいかがでしょうか?
ただ、ゴルフの唯一の欠点は、面白すぎることです

 
 
採用サイトトップ ページトップ