遺失物管理システム

「MONODOKO」

遺失物の管理業務を
シンプルに、確実に

届いた遺失物をシステムに登録。

検索・届出もスピーディかつ確実に。

煩雑な遺失物管理業務の負担を減らします。

遺失物の管理業務で
こんな課題ありませんか?

  • 遺失物が毎日たくさん。
    登録が大変… 画像も登録したい…

  • 問合せ時に探すのが手間…

  • 遺失物法等の法令に準拠した
    業務ができているか不安…

その課題、遺失物管理システム「MONODOKO」が解決いたします。

MONODOKOとは…

「MONODOKO(モノドコ)」は、施設に届けられた遺失物を一括管理できるクラウドサービスです。登録、検索機能はもちろん、警察への届出業務までしっかりサポート。シンプルな操作ながら、確実な運用を提供します。

  • 遺失物の登録を迷わない
    シンプルな画面

  • 問合せ時も慌てずに
    遺失物をフリーワード検索

  • 遺失物法等の法令に準拠

「MONODOKO」は(株)JR東日本情報システムの登録商標です。

MONODOKOの特徴

  • POINT.1

    シンプルな画面で
    遺失物を簡単登録

    拾得者の情報や届出日時はもちろん、物件の分類や特徴を簡単入力。画像の添付とAIによる画像認識により、関連度の高い単語を表示し、登録の業務を支援します。

  • POINT.2

    フリーワードで検索、
    画像付きで結果表示

    フリーワードで遺失物を検索、画像付きで結果を表示。登録時に入力した特徴も合わせて表示するので、スピーディに探すことが可能です。

  • POINT.3

    遺失物法等に準拠した
    確実な運用をサポート

    警察へ提出する遺失物をシステムで検索。提出書や届出データ・電磁的記録媒体提出票もMONODOKOで作成可能。もれなく、無駄なく、確実な運用をサポートします。

その他機能

  • マルチデバイス・マルチブラウザ

    複数のブラウザで動作を保証。
    パソコンのほか、タブレット、スマートフォン等
    各種デバイスで利用いただけます。

  • 役割に合わせたユーザー設定

    検索だけできる「問合せ窓口」、
    すべての業務を行える「管理窓口」など、
    役割に合わせたユーザー設定が可能です。

  • 特例施設占有者向けの機能も充実

    物件の売却や処分など、
    特例施設占有者向けの機能を搭載しています。

  • 『遺失物業務マニュアル』

    システムの操作のみならず、
    遺失物に関わる業務で困った際にもご利用いただける
    マニュアルを提供いたします。

ご利用シーン

  • 鉄道・バスなどの交通機関

  • 飲食・ショッピングなどの商業施設

  • ホテル・病院・教育機関にも

対応環境

機器等

対応環境

ブラウザ

  • Google Chrome(推奨)
  • Internet Explorer
  • Microsoft Edge
  • Safari

※各種書類の閲覧・印刷にPDF閲覧ソフトとプリンターが必要です。

※WEBシステム向けのセキュリティソリューションを導入している場合は一部除外等の設定が必要です。

※2021年3月現在の情報となります。最新の情報はお問い合わせください。

※記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

駅から街まで。日常に、さらなる革新を。

鉄道システムで培われた安心・安全の技術。
仕事や生活を豊かにする多彩なサービス。
JEISは、新たな領域への挑戦を続けながら、
次代の社会インフラを創り、ICTで支えていきます。